借金してでも会社を作りたい

2014年9月2日 / 生活

僕は学生のことからの夢があります。
そしてその起業するという夢を今このタイミングでするべきか
どうかと悩んでいます…お金です。やはり企業にはお金が必要に
なります。少ない貯金を全て投資しても足りそうもなく借金してでも
会社をつくるのか…。
続きを読む»

ピーリング剤がおすすめです

2014年8月11日 / 

古くなった角質を取り除いてくれるというピーリング剤を使っています。
洗顔後に専用の液を顔に塗り、くるくるとやさしくマッサージするだけで、
ぽろぽろ垢の様に古い角質や化粧残りが簡単に取れます。

お肌に負担がかからないように、週に1~2回の使用で良いのも簡単で魅力的です。
これを行った後はまさに一皮むけた様な、つるんとした柔らかいお肌になるので
とても気持ちが良いです。
顔が軽くなったような感じで、その後の化粧水や美容液が浸透しやすくなるし、
翌日の化粧ノリが全然違います。
使う前までは、お肌がごわつく感じがする事もあったので、いろいろな汚れがたくさん付いていたのかと思います。

あまりに気持ちがいいので、本当は毎日でも使いたいくらいです。
入浴中に首やデコルテまで塗って使っています。

いろいろな商品が出ていますが、配合成分が違うので、自分に合った物を見つけるまで
私はサンプルやトライアル商品を試してから購入しました。
わりと安価な商品が多く、手軽なのでもう絶対に手放せないアイテムです。

ミュゼのVライン脱毛と他サロンの比較

2014年7月16日 / 

ミュゼが脱毛はいいよと聞いて他の有名サロンと比較すること無く
無料カウンセリングへ行ってそのまま契約してきました。
次回はいよいよ1回めの脱毛です。

正直、エピレやエターナルラビリンスと迷っていたのですが
ミュゼ経験者の友達の意見と自分の直感を信じることに。
あとでエピレやエタラビのVライン脱毛のプランもいいなと
思ったのですが、結局は、自分が行くことにしたミュゼで良かった
んだと納得しました。
続きを読む»

GWの上野動物園がよかったよーーー

2014年7月10日 / 生活

家族で東京の上野動物園に行ってきました。
GWということもあり、親子連れやカップル、海外旅行客と大勢の人たちで賑わっていました。目玉のパンダはなんと80分待ちで、並ぶのをあきらめることにしました。

遠くから少しだけパンダを見ることができたのですが、快晴の空にパンダも暑いのかぐったりとお尻を見せるだけのたれぱんだ状態で、ぴくりともしませんでした。どこもかしこも人ごみなので中々動物をゆっくり見ることができませんでしたが、ゾウやキリン、猿の山など大型の動物や施設ではゆっくり観察することができました。ゾウは常に鼻を地面にひきずって歩いているので痛くないのかなと心配になりました。

エサの時間だったので鼻で上手にご飯を口まで運ぶ様子が見られました。カバは暑いからか、ずっと水中に潜っており「生きてる?」と不安の声が周りからも聞こえましたが、ずっと見ていると上手に鼻だけ水面にだして呼吸しました。調べてみると、4~5分は潜っていられるそうで、びっくりですね。

上野動物園では子供用のバギーを有料で貸し出ししていますが、人が多かったのでお父さんに肩車されているのが一番見やすそうでした。日傘を差している女性を何人か目にしましたが人ごみの中では顔にぶつかる可能性もあって危険なので止めて欲しいなと思いました。
もう帽子が必須の季節ですね。

トイレやジュースを買うだけにも長い行列ができていたので水筒にお弁当、席が無いときの為にレジャーシート等を持っていくと便利だと思います。


気持ちいい!足ツボマッサージ

2014年7月5日 / 

疲れた時に身体をマッサージすると気持ちがいいですよね。
マッサージにも色々ありますが、今回は足ツボマッサージについてのお話です。

ツボって全身に分布していますけど、とくに足の裏はツボだらけですよね。
でも、実はツボについては現在でもあまり詳しく解明されていないんだそうです。
ぎゅーっと押さえると気持ちいいところがあるので、そういうポイントがあるのは確かなようなんですけどね。
続きを読む»

ボツリヌス菌の効果

2014年6月20日 / 

世の中には良い菌もあれば悪い菌もあります。
悪い菌、私たちの命を脅かすくらいの怖い菌として、ボツリヌス菌もあげられると思います。

しかし、この、怖い菌によって、私たちが素晴らしく良い効果をもたらせることになると言われたらどう思いますか?
続きを読む»

高い内職がほしい

2014年6月3日 / 未分類

電気代が払えないようになり、困っています。
全部の照明を節約していますが、主人はけちなくせに、電気をつけっぱなしにし、家族にはけちけちすることを強いています。
どうして、自分勝手なのでしょうか。

自分のことはさておき、ほかの人の結果に対して批評し、ダメ出しをします。
なぜだかわからないのですが、結婚以来、10万円のスーツを買ったことがありません。
いつもユニクロを着ています。

主人は自分の洋服にむとんちゃくだし、自分にはスーツがあるので、私の気持ちをくんでくれることはないようです。
けちなうえに、家にだけいることを強いていました。
家は居心地の良いところですが、世間と隔絶しているので、自分が社会に貢献できているということがありません。

もっと、専業主婦にたやすく、仕事ができる場を与えてほしいです。
政府の方の取り組みが待たれます。
家でする、内職はありがたいです。

単価が安いので、なかなか続けるとができませんが、できれば、内職の単価を高くしてほしいです。
働きたいのに、できることが少ない。
そんなジレンマがあります。


脱毛の広告がポストに入っていた

2014年5月7日 / 

ウチのお姉ちゃんは社会人になって自分の欲しいものややりたいことが
仕事で稼いだお金で全部できるようになってからはいろいろチャレンジしてます。
脱毛サロン通いもその内の一つで、今では全身を脱毛士てツルピカに
なっています。

私も今は高校3年生なので未だ、自分のお金では脱毛などどうしようも無いと
考えていて姉のお古の家庭用電気脱毛器で自己処理をしていました。
だけど最近では脱毛の料金もものすごく安いみたいで姉が脱毛をしていた
ミュゼプラチナムなどはワキ脱毛が1000円以下で受けられるみたい。
安い時などは200円の時もあるとか。
私は今年の夏は海へ行きたいのでできればビキニラインの脱毛をしたいかなと。
母からはオッケー☆⌒d(´∀`)ノサインが出たのですが、脱毛サロン自体が
未成年の脱毛を受けてくれるかですね。エピレなどは施術をしているので
多分、脱毛できそうですが。
Vライン脱毛は今、とても人気があるんですね。
自宅の郵便ポストにもミュゼのチラシが入っていてこれからの時期は夏に
向けてお客さんが増えるだろうから…VIOのコースを進めていました。
私も脱毛はミュゼで受けようと考えてますから思わず、
見入ってしまいました。

結婚前に気になる相手のことを調査

2014年5月1日 / 生活

結婚が決まると急に相手のことを今以上に深く
知らなくてはという風に思いはじめました。
…普通は、結婚前の交際中に相手のことを全て把握出きなくては
いけないですが、それって結構難しいですよね。
結婚相手の家柄や親、兄弟、親戚のことなど会う度に
詳細に聞くわけにもいきませんから。

ただ、結婚式場を決めたりいろいろ段取りがあるのでココの所
は毎週のように相手の彼と会っています。
既に親には紹介済みで今月中にも両家の顔合わせがあるのですが
それまでに、いろいろと調べておきたいなと思いました。
まず、結婚前 身元調査。そして女性関係や借金はないかなど
考え出したらキリがなくなってきます。
これは母親にも相談した所、気になるならとことん調べたほうがいいよ
とのことでしたから、結局は自分では到底ムリですので
探偵会社さんへ調査の依頼をお願いしました。

聞いたところによるとやはり私のように結婚前に相手家族の事が気になる方も
多いのだそうです。結婚する当人よりも親からの依頼が多いというのにも
変に納得してしまいました。
今は浮気や不倫調査の依頼が調査員が間に合わないほど沢山あるそうです。

冷えの予防は食べ物にも注意

2014年4月19日 / 生活

寒くなってくると、体の「冷え」が気になりますよね。
これは女性に限らず男性も同じで、冷えは身体にとっていいことは一つもありません。血液の循環も悪くなり太りやすくなるし、生理不順や慢性的な体調不良も起こります。さらに不眠に悩む人も多いようです。
足腰の痛みもNアセチルグルコサミン 効果に頼っているのが現状です。

冷えの予防には体を温めることが一番ですが、それは外からだけでなく口にする食べ物にも言えることなのです。
体をあたためる食べ物はたくさんあります。
旬のものを食べろと昔から言われているのには、そういった意味合いもあるのです。
つまり、寒くなる秋や冬に収穫される野菜は体を温めるものが多いのです。
例えば、さつまいもやかぼちゃ、玉ねぎやニラ、生姜などですね。
根菜と言われるタイプのものが多く、旬の野菜はビタミンなどの栄養素を季節以外のものよりもたくさん含んでいるんです。

煮物にしたり、鍋にしたりして、体を温めてくれる野菜をたくさん摂ってみましょう。
中でも生姜は体を温めることで良く知られていますが、普段の料理に使ったり、すりおろしたものを蜂蜜やレモンとまぜてホットドリンクにしてもおいしいですね。
寝る前に飲むとリラックスしてよく眠れるようになります。

寒い季節は口にするものにもちょっと工夫をして、温かく乗り切ってみましょう。

TOPへ戻る